神奈川県大和市つきみ野でヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノの音楽教室をお探しならアキカ音楽教室 アキカ弦楽アンサンブル アマティーナ合奏団

046-274-8114
WEBからのお問い合わせ
046-274-8114

アマティーナ合奏団

Guide
アマティーナ合奏団とは

アマティーナ合奏団は、学生から大人まで老若男女を問わず、プロ・アマチュア・障碍をもつ方まで、仕切りを外して室内楽演奏を楽しみ、音楽交流を通した輪を広げる活動を行っております。
この合奏団は、非営利社会貢献活動の一環として『株式会社effe』が費用上の最終責任を持ち、運営を行っております。
主宰はそれぞれの地域で地道に音楽活動を行うものが担います。
毎回主宰者の地域活動に合わせ、テーマがその都度変わります。

History
活動沿革

第9回 富山県高岡市奉納演奏会2018.8.12 Sun.

前田利長公を奉る神社 関野神社を始め、日本三大大仏の一つとして云われる高岡大仏。
日本海・立山連邦を望む雨晴海岸道の駅にて、ご神前・ご仏前・大自然に向かって東京・愛知メンバーで日本最古と云われる『こきりこ節』を三味線・ささらなどが入り弦楽アレンジ奉納演奏を行いました。
通称『昇龍コンサート』

  • img02_01
    関野神社にて
  • img02_02
    道の駅にて
  • img02_03
    手作り竹の流しそうめん

第8回2018.3.11 Sun.
第7回2017.3.12 Sun.
第5回2016.3.13 Sun.
名古屋港水族館ホワイトデーコンサート

本土最大の名古屋港水族館イルカ水槽前にて、ホワイトデーコンサート『イルカさんに聴かせようコンサート』を致しました。
毎回地元愛知を中心に、東京、栃木、群馬、神奈川、四国、京都、岐阜、富山などから参加人数40名以上の大編成です。
参加メンバーには全盲の方と自閉症をもつ方がヴァイオリン・ヴィオラで参加され、音楽には仕切りがないという形をつくれるようになりつつあります。
アマティーナ合奏団の演奏は心地良い空気感のせいか、イルカの反応がとても良く、小さなお子様や普段クラッシックを聴かれない若いカップルなど、演奏中皆さん場を離れないことに水族館関係者の方々が驚きまして、異例の形で毎年の開催を依頼されております。

  • img03_01
  • img03_02
    イルカは音楽に合わせて嬉しそう泳いでくれます。
  • img03_03

第6回 岩手大槌学園交流コンサート2016.10.09 Sun.

ユニセフに勤めていた菊川 譲さんが、東日本大震災をきっかけに退職され、自分にもっと被災地で出来ることはないか。との解決策として、貧困国ベネズエラで子供たちの自立支援を目的に始まった、音楽活動支援プログラム『エルシテマ』の日本代表となり、福島相馬市とベネズエラと国際協定を結び、活動が順調に進みました。
その第2弾として、交通の手段も大変で支援が行き届かない被災地岩手県大槌町で行われ、2年が過ぎたころ、ようやく小中一貫校の学校 大槌学園が新設されました。
弊社で当初相馬への楽器の提供支援をしていたこともあり、そのこけら落としコンサートを、地元の子供たちとアマティ―ナ合奏団合同で行いました。

  • img04_01
    大槌学園の子供たちと合同演奏
  • img04_01
    浄土ヶ浜にて
  • img04_02
    キャンプファイヤーで大盛り上がり

第4回 「チャレンジ・バロックを楽しもう」2014.4.25 Sat. 国立オリンピックセンター小ホール

バロックをテーマに、初心者の為のチェンバロレクチャーと、普段ソロなど参加出来ない方対象に、上手下手などの演奏レベルではなくやりたい気持ちを重視して参加者を募り、各プロ奏者にサポートしてもらい、何方でもアンサンブルを楽しむ会を致しました。

  • img05_01
  • img05_02
  • img05_03

第3回 コンサート2015.3.7 Sat. 刈谷市総合文化センター

障害者施設や介護施設で音楽療法をされている澤木邦子さんに協力主催してもらい、野外ステージでの管、弦コンサート。
ダウン症越智章仁さんのピアノ。全盲ピアニストの服部澄香さんとチェロのデュオ。右上肢麻痺のある一ノ瀬さんとプロ奏者の方々とヴァイオリン、チェロトリオを演奏しました。東京メンバーアマティーナでは、小学生も飛び入り参加し、群馬、岐阜からも集い、難曲チャイコフスキー弦楽セレナーデを。
最後に、末期の患者さん対象に音楽支援をしている、富田晴世さん作曲の千年珊瑚を観客と共に合唱、合奏致しました。

  • img06_01
  • img06_02
  • img06_03

第2回 室内楽研究会2014.8.7 Thu.

更に仕切りを外して参加してもらおうと、右上肢麻痺のある一ノ瀬友美子さんをお誘いし、普段叶わないプロ奏者との演奏を。
広島からプロオーボエ奏者の上田愛彦先生を囲んで、中学生から管、弦楽混合の幅広いアンサンブルのコンサートを行いました。
夜の部はヴァイオリン製作者協会協力のもと、各製作者のヴァイオリン試奏会を行いました。
参加者の中には、東京フィルハーモニー管弦楽団などコンサートマスターを務める松本亜土さんらもいらっしゃいました。

  • img07_01
  • img07_02

第1回 室内楽研究会2013.9.29 Sun. 代々木国立オリンピックセンター

代々木国立オリンピックセンターでボランティア活動などされている宮本ルミ子さん(ミュジックジョイミヤモト)に主催者になって戴き、会費を募り、プロ、アマチュアに関わらず楽器、声楽の方など、演奏したい方が参加され、室内楽研究会を開催しました。

  • img08_01